たるみの症状と原因

たるみの始まりは毛穴の開きから自覚されることが多いようです。
その他にも若い頃になかった涙袋ができたり、瞼が厚ぼったくなったり。
決して太ってはいないはずなのに、二重顎になってしまったり。
深いほうれい線が刻まれたり。
残念ながら加齢とともに顔には皺やたるみが表れてしまいます。
何とか改善したいのがいつまでも残る乙女心です。
皺とたるみの原因は実は共通しています。
ひとつは真皮に含まれるコラーゲンが減少することです。
コラーゲンはプルプルとした肌の弾力の元ですから、減少することでハリが失われます。
ハリを失った皮膚は脂肪や各パーツの組織の重さを支えられずに、たるんでしまうのです。
たるんだ部分が折り重なればそれは皺となります。
もうひとつはむくみです。
皮下の脂肪細胞が成長しすぎることや、血行不良により引き起こされます。
こうなると真皮が組織をしっかりとホールドする力が失われます。

肝要なのは予防

一度生じてしまったたるみや皺はスキンケアで改善するのは難しいと言えます。
特にほうれい線については、頬の分厚い脂肪を支えきれずに生じるものです。
ヒアルロンを注射するなど直接的な手法を取るしか現在では有効な手段がありません。
ですから、できるだけ若いうちから予防に力を入れる必要があります。

コラーゲンを増やす

コラーゲンの減少が根本であるならば、失われる分を取り入れればよいのです。
スキンケア商品で対策をするならば、コラーゲン配合のものやコラーゲンを増やすビタミンCやレチノールを多く配合した化粧品を選びましょう。
目尻の皺や開いた毛穴を引き締めるなど、症状に合わせた商品がたくさんありますが基本は肌にコラーゲンを与えるものです。
成分を確かめた上で1種類持っておけば十分です(目に入る危険があるため、アイケア用品だけは別にした方がよいでしょう。アイケア用品を顔の別の部分に使うのは問題ありません)。

食事で体内にコラーゲンを取り入れるのも有効です。
コラーゲンのもとはアミノ酸。アミノ酸はタンパク質を分解して作られますから、タンパク質が豊富な大豆製品や鶏肉、乳製品などを食事に積極的にとりいれましょう。
ただし、タンパク質を取りすぎると腎臓に過度な負担を掛けてしまい,最悪は腎臓病の原因にもなりかねません。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」を肝に銘じてください。

女性ホルモンの1つエストロゲンと成長ホルモンのアルギニンはともにコラーゲン生成を助けるホルモンです。
食べ物としては上記のタンパク質豊富な食材で補えますが、生活習慣を改善することでもこの2つのホルモンを増やすことができます。
具体的には夜しっかりと睡眠をとりましょう。アルギニンは特に良質な睡眠中によく分泌されます。
女性ホルモンはストレスにより減少しがちですので、のんびりとしたバスタイムや適度なマッサージなど、リラックスすることで増やすことができます。

むくみを取る

バスタイム中や入浴後に軽くマッサージをして血行を促進させましょう。
リンパの流れもよくなるので、余分な皮下脂肪が溜まるのを防ぎます。
スキンケアのついでにできますから、忙しい方でもすぐに実践できます。
強すぎるマッサージは痣や摩擦の原因になるので、あくまで優しくを心がけましょう。
水分不足も実はむくみの原因になります。
喉が渇く前に意識して一口二口水を飲むようにしましょう。