様々な要因でできるニキビ

男女を問わずニキビに悩まされた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
ありふれた症状なので、原因について詳しく調べずにスルーしたり、なんとなく放っておいていたら治っていたなんてこともあるでしょう。
しかし時に痛みも伴うので不快感を持つのは当たり前ですし、現に悩んで対策に明け暮れてきた方も多いはずです。
どんなトラブルに対しても当てはまりますが、その場限りの対処ではなく、原因を突き詰めてしっかりと対策をするのが解決への近道です。
ニキビの原因としては皮脂が過剰に分泌されるからだと思っている人が少なくありません。
確かに、乾燥肌体質でカサカサする代わりに思春期でもニキビはできたことがなかったという女性もいたりします。
一方で乾燥肌だけれどもニキビがなくならない、混合肌だけれどもなぜかテカリが気になるTゾーンよりも乾燥しがちな頬にニキビができると悩む方もいますので、皮脂の過剰分泌だけが原因ではないのは明らかです。

アクネ菌

一番の原因と言われるのはアクネ菌です。
アクネ菌が増えすぎると皮膚に炎症が起こってニキビとなるのですが、アクネ菌は肌の常在菌ですし、肌の状態を正常に保つために実は必要な菌でもあるのです。
従ってアクネ菌を雑菌として全て殺してしまうのは悪手です。
アクネ菌は毛穴から分泌される皮脂を餌にしていますが、通常増殖しすぎるということはありません。
ですがアクネ菌は酸素を嫌う性質があり、酸素が少ない状態で皮脂が多いという条件下で大量発生します。
毛穴が塞がって皮脂詰まりを起こしているときにアクネ菌が増えてしまい、皮脂を食べる代わりにポルフィリンという物質を排出します。
そして皮脂の残骸やポルフィリンが増えて、塞がった毛穴の中で留まることが出来ずに表面に出てきます。
このときポルフィリンが紫外線に触れると、毒素を発し炎症を引き起こすのです。
乾燥肌であっても少なからず皮脂は分泌されますから、そこで毛穴が閉じてしまうとニキビに進化してしまうのです。

ホルモンバランス

それだけではなく、ホルモンバランスの乱れも原因ではないかと言われています。
ホルモンの分泌メカニズムは繊細で、食べ物は勿論ストレスや睡眠時間にもすぐに左右されます。
毛穴のケアをしっかりしているのにニキビが長引く人は、市販薬だけでは対応できていません。
悪化をさせないためにも皮膚科を受診して、専門医の指示と判断を仰ぎましょう。

大人ニキビと思春期ニキビ

ニキビは思春期に発生するので、青春の象徴のようにも言われていたことがありますが、最近は20代以降になっても「大人ニキビ」が悩みだという人もいます。
成長期にホルモンバランスが崩れてニキビができ、成人するとそのバランスが落ち着いてニキビの症状が収束するのが一般的でした。
しかし,現代では学業でも仕事でも日々ハードな生活を強いられ、生活習慣が乱れてストレスも溜まりがちです。
それゆえ体内のホルモンバランスも、思春期とは別の理由で崩れてしまい大人ニキビとして現れてしまうのです。
10代とは違って肌のターンオーバーのサイクルも長期化してしまうため、治りが遅く傷跡も残りやすいというのが厄介です。
出来てしまったものを治すのは時間がかかるので、抜本的ではなくとも少しずつ生活習慣を見直すべきでしょう。